Home > 過去のお散歩

過去のお散歩

第182回 千歳船橋~用賀散歩 2月10日(土)~ 2月24日(土)

20240126e58d83e6adb3e888b9e6a98b-07820240126e58d83e6adb3e888b9e6a98b-08420240126e58d83e6adb3e888b9e6a98b-130

予定ルートは、千歳船橋駅出発後、東京農業大学創立以来の教育・研究の成果を広く社会に発信しているミュージアム「食と農の博物館」、進化生物学研究所が収集した貴重な動植物コレクションを見ることができる学びの場「バイオリウム」、昨年リニューアルオープンした日本中央競馬会が運営する東京ドーム約4個分の広さを有する馬事普及の拠点施設「馬事公苑」、自然の地形を活かし広大な芝生広場とたくさんの樹林に覆われた「砧公園」、砧公園の一角に位置し様々なコレクション展や企画展を開催している「世田谷美術館」、いらか道とも呼ばれる凝ったデザインが注目を集める淡路瓦を敷き詰めた遊歩道「用賀プロムナード」、境内に銀杏の大木が聳え立つ浄土宗寺院「無量寺」と巡って、用賀駅でお散歩終了となります。

続きを読む

第181回 板橋区役所前~中板橋散歩 1月13日(土)・ 1月20日(土)

118821823178

予定ルートは、板橋区役所前駅出発後、宿場時代の馬つなぎ場の面影を残す「遍照寺」、史跡を中心とした区内の名所や郷土資料を紹介している「いたばし観光センター」、令和3年12月に植村記念加賀スポーツセンター内にリニューアルオープンした植村直己の業績を紹介している「植村冒険館」、ヤギや羊やモルモットなど身近な動物とふれあえる癒しスポット「板橋こども動物園」、大名の参勤交代の宿泊所があった「板橋宿本陣跡」、板橋宿本陣を務めた飯田家の菩提寺「文殊院」、徳川家茂へ降嫁する皇女和宮が宿泊した「板橋中宿脇本陣跡」、板橋宿の鎮守として信仰を集めた「氷川町氷川神社」、石神井川の旧河道を利用して造られた「氷川つり堀公園」、板橋の地名の由来といわれる石神井川に架かる橋「板橋」、悪縁を断ち良縁を結ぶ板橋宿のパワースポット「縁切榎」、中用水遺構の石橋も見ることができる浄土宗寺院「智清寺」、本尊の愛染明王が板橋の愛染さまとして親しまれている「日曜寺」、旧根村や板橋宿上宿の産土神として崇敬を集めてきた「双葉町氷川神社」と巡って、中板橋駅でお散歩終了となります。

続きを読む

年末企画 年忘れカラオケ大会~忘年会 12月30日(土)

karaoke_mike11かつて年末恒例行事だった「年忘れカラオケ大会」を再開します。そしてカラオケ大会の後、忘年会を開催します。
場所は中野のカラオケボックスで、午後から歌い始めて18時前に終了。18時過ぎから忘年会といった流れです。歌のジャンルは「J-POP」「ロック」「フォーク」「昭和歌謡」「アニソン」「洋楽」何でも結構。勝敗を競うものではありませんので、各々自由にお好きな曲を歌ってください。散歩とは全く関係のないただのカラオケオフ会ですが、年末ご都合の良い方、是非。また、忘年会からのご参加もOKです。こちらは中野の大衆居酒屋で、今年一年を振り返ってみたいと思います。

続きを読む

年末企画 小江戸 川越散歩 12月9日(土)・ 12月16日(土)

20231127e5b08fe6b19fe688b8e5b79de8b68a-11020231127e5b08fe6b19fe688b8e5b79de8b68a-225

20231127e5b08fe6b19fe688b8e5b79de8b68a-2201

予定ルートは、本川越駅出発後、天台宗別格本山で狭山茶発祥の地でもある「中院」、日本三大東照宮の一つともいわれる「仙波東照宮」、徳川家光誕生の間・春日局化粧の間・五百羅漢など見どころ豊富な「喜多院」、川越不動として崇敬を集める「成田山川越別院本行院」、開運・縁結びの神様として人気がある「川越熊野神社」、大正時代を感じさせるはいからなストリート「大正浪漫夢通り」、建築家・保岡勝也が手掛けた美しい和洋折衷住宅「旧山崎家別邸」、まるでタイムスリップでもしたような感覚になる川越観光のメインストリート「一番街 蔵造りの町並み」、川越のシンボル「時の鐘」、菓子屋がひしめく川越の人気スポット「菓子屋横丁」、触ると病気が治るおびんずる様や小江戸川越七福神の福祿寿が祀られている「蓮馨寺」、旧鏡山酒造を改修したお土産購入スポット「小江戸蔵里」と巡って、本川越駅でお散歩終了となります。

続きを読む

第180回 東向島~押上散歩 11月18日(土)・ 11月25日(土)

118721813177

予定ルートは、東向島駅出発後、近江国の白鬚大明神の御分霊をこの地に祀った隅田川七福神の寿老神「白鬚神社」、様々なブレーキの仕組みについて体験しながら学べる「ブレーキ博物館」、江戸時代の不思議な伝説が今日に伝わる「子育地蔵堂」、江戸の町人文化が花開いた文化・文政期に造られた庭園「向島百花園」、境内におむすびがいっぱいの縁結びの神「高木神社」、御神木の大銀杏の伝承が創建や社号の由来となっている「飛木稲荷神社」、ロボット技術から惑星探査プロジェクトまで研究活動を通じて生まれた先端技術を応用した体感型アトラクションゾーン「千葉工業大学 東京スカイツリータウン®キャンパス」と巡って、押上駅でお散歩終了となります。

続きを読む

第179回 国際展示場~テレコムセンター散歩 10月21日(土)・ 10月28日(土)

118521783175

予定ルートは、国際展示場駅出発後、青海・有明・台場エリアを結び臨海副都内の商業施設等を遊歩道でつないでいる「シンボルプロムナード公園」、有明にある東京都水道局が運営する水に関する「東京都水の科学館」、有明水再生センター内にある東京都下水道局の広報施設「東京都虹の下水道館」、ダイバーシティ東京プラザの外に設置されている「実物大ユニコーンガンダム立像」、現在展示公開休止中の船の科学館本館で展示していた資料の一部を公開している「船の科学館 別館」、南極観測船を務め日本の南極観測事業の礎を築いたことで広く知られる砕氷船で船内も見学できる「南極観測船宗谷」、地上100mの眺望を活かし東京港や東京臨海副都心の歴史から現在の姿そして未来を紹介している「東京臨海部広報展示室TOKYOミナトリエ」と巡った後、テレコムセンター駅でお散歩終了となります。

続きを読む

再訪 豊洲~月島散歩 9月30日(土) 

118321763173

予定ルートは、豊洲駅出発後、春海橋へ。ここで廃線となっていた東京都港湾局専用線の旧晴海鉄道橋の遊歩道化に向けての工事をチェック。そして「春海橋公園」「豊洲公園」といった公園ゾーンに入り、石川島播磨重工業の造船ドック時代を偲ばせるモニュメントクレーンが立つメモリアルドックでウォーターフロントの景色を満喫。その後、東京ガスが運営するガスの役割や特長を紹介している「がすてなーに ガスの科学館」を見学します。科学館見学後は、晴海運河に架かる海風が心地よい長さ580mの「晴海大橋」、ふるさと晴海資料展示館が設置されている「晴海臨海公園」、晴海地区を代表する複合施設「晴海アイランド トリトンスクエア」、朝潮運河に架かる動く歩道「トリトンブリッジ」を経由して、月島もんじゃストリートと呼ばれている「月島西仲通り商店街」に入り、月島開運観世音と称され信仰を集める「月島観音」と巡って、月島駅でお散歩終了。その後、有志の皆さんと月島もんじゃの会を行います。

続きを読む

再訪+α 月島~門前仲町散歩 9月16日(土)

20230902e69c88e5b3b6-02520230902e69c88e5b3b6-02620230902e69c88e5b3b6-145

予定ルートは、月島駅出発後、佃一丁目の極細の路地の中に祀られている「佃天台子育地蔵尊」、下町情緒が残る佃堀の河岸地に鎮座する「波除稲荷神社・於咲稲荷神社」、築100年の佃島の元魚問屋で保存・活用に向けたクラウドファンディングが行われている「旧飯田家住宅」、江戸開府以来の歴史や伝統を誇る地域の歴史・文化資料等を展示・公開している「佃まちかど展示館」、地域の産土神として信仰されている「住吉神社」、隅田川沿いの景観が素晴らしい「佃公園」、中央大橋から相生橋まで続く水辺の細長い公園「石川島公園」、東京海洋大学の構内にあって一般公開されている「明治丸海事ミュージアム」、相生橋のたもとにある満潮時には一部が浸水してしまう「中の島公園」、相生橋を渡った晴海運河の対岸にある「越中島公園」と巡って、門前仲町駅でお散歩終了となります。

続きを読む

参加費無料 新大久保コリアンタウンでお食事会 8月26日(土)

118021733170

新大久保は異国情緒満点の街。残暑を乗り切るために、ちょっぴり辛めの韓国料理でも食べて、パワーを充電したいと思います。そこで、参加費無料のレクリエーション「新大久保コリアンタウンでお食事会」を開催。まずは新大久保駅を出発して、コリアンタウンを軽くお散歩。ハングル文字の看板を眺めながら、外国気分を味わいます。目指す食事会の会場は新宿職安通り沿いにある韓国料理と焼肉のお店『水宝館』(スイボカン)。美味しいトッポギ・春雨・海鮮チヂミ・ガムジャタン(ジャガイモ鍋)など韓国の家庭料理が堪能できます。暑い時に熱いものや辛いものを食べて、身体の内側からスッキリしようといった試み、皆さんもご一緒にいかがでしょうか。

続きを読む

参加費無料 東京湾納涼船クルージング 8月5日(土)

117821703168

皆さん「東京湾納涼船」って、ご存知ですか?
東京湾納涼船は東海汽船が毎年夏期(コロナで昨年より再開)のみ「さるびあ丸」という大型客船を使って夜間運航している納涼船です。内容は竹芝客船ターミナルを19:15に出航し、東京湾を約1時間45分かけて一回りして、21:00に帰着するナイトクルージング。ライトアップされたレインボーブリッジの下を通過したり、大井コンテナ埠頭や羽田空港、東京ゲートブリッジなどの夜景を次々と眺めることができるので、東京が好きな方なら興奮の連続間違いなしです。しかも乗船料は1,500円と大変リーズナブル。またドリンクやフード類の売店も充実しているので、船上での飲食にも困りません。お散歩教室では夏のレクリエーションとして7年ぶりにこの東京湾納涼船に乗船したいと思っています。いつもは歩いてばかりなので、たまには涼しい海上から東京の夜景をじっくり眺めてみましょう。

続きを読む

 Page 1 of 27  1  2  3  4  5 » ...  Last »