東京お散歩教室からお知らせ

●ほぼ全員の方がお一人でご参加。お試し体験募集中!(全員マスク着用、少人数で3密を避けています)
●初回お試し体験は参加費500円(資料代含む)です。詳細下の「続きを読む」よりご確認ください。

●過去のお散歩コースこちらブログTwitterから教室の様子がわかります。是非ご覧ください。
●お申し込みの返信が24時間以上届かない時は、一度迷惑メールを確認してみてください。
●迷惑メールを確認しても返信が届いていない時は、他のメアドからお送りしますのでご連絡ください。

第154回 駒込~西日暮里散歩 2月20日(土)~3月7日(日)受付中

dscn9441dscn9511dscn9545

予定ルートは、駒込駅出発後、旧上駒込村字新屋敷の鎮守で古くは朝日山王宮と呼ばれた「駒込日枝神社」、都電6000形と貴重な貨物乙2型が静態保存されている「神明都電車庫跡公園」、谷田川通り沿いに祀られている小さなお不動様「田端不動尊」、特徴的な山王鳥居をくぐり階段を上った台地に拝殿がある「田端日枝神社」、小杉放庵が作ったテニスコートで田端に住む洋画家の社交場だった場所が現在田端保育園になっている「ポプラ倶楽部跡」、疾患のある部分に赤い紙を貼って祈願すれば病が治るという赤紙仁王尊で有名な「東覚寺」、田端村の鎮守として崇拝されてきた「田端八幡神社」、田端に住んだ文士芸術家たちの業績や暮らしぶりを紹介している「田端文士村記念館」、駅前広場と公園機能を合わせもった田端のシンボルとなる歩行者専用の「田端ふれあい橋」、芥川龍之介が大正3年から昭和2年に亡くなるまで住んでいた「芥川龍之介旧居跡」、もとは佐竹右京大夫の屋敷内の邸内社でその後町の鎮守となった「向陵稲荷神社」、江戸有数の景勝地として知られた“ひぐらしの里”に鎮座する「諏方神社」と巡って、西日暮里駅でお散歩終了。また途中、映画『天気の子』 のロケ地となった田端の坂道やトレインビュースポットなども紹介します。

続きを読む